金の買取査定はどのように行われるの?

さて、金の買取業者は具体的にどのように査定を行っているのでしょう?

先ず、一口に金と言っても、物によって純度が異なります。

例えば、ジュエリーなどの場合は「K18」のケースが多いですし、

場合によってはより純度の高い「K24」というケースも有るでしょう。

また、インゴッドなどの場合は「純金」とういこともあるようです。

当然ながら、買取格が高いのは純金>K24>K18の順です。

そして、金としての価値は「純度×重量」で計算できます。

純度に重量を掛けたものにその日の金の買取相場をかければ、

これで査定結果が出るという仕組みです…。

これでお分かり頂けるように、例えば金のジュエリーなどを持ち込んでも、

そのジュエリーのデザインに関しては殆どの場合考慮されません。

ポイントはあくまで純度と重量なので、デザインはどうでも良い要素なのです。

とは言え、デザインは全く関係ないのかと言えば…、そうも言い切れません。

それこそ有名ブランドの金のジュエリーであれば、

デザインも含めた形で買取査定をしてもらえるはずです。

但し、そういったデザインも含めた査定をしてくれる買取業者は、

数ある買取業者の中でもごく一部に限られますので、

正直、過度な期待はしないほうが無難でしょう。

どうしてもデザイン込みで査定をして欲しいということであれば、

事前にネットなどで買い取り業者の口コミや評判を自分なりに調べて、

良さそうな業者をリストアップした後に、査定をしてもらうことをオススメします。

関連サイト・・>[http://nanapi.jp/106796